社会福祉協議会という機関ならブラックでもOKです

市町村に1つだけある社会福祉協議会という公的な機関は、弱い立場の高齢者や障害者や生活困窮者を手助けする公的な場所になります。 この中の項目で貸付業務があり不測の不幸に見舞われてお金を必要としている人に、全うな生活を営んでいただく為に様々な融資をしています。 ブラックの借金返済の為の融資ではないので、審査の上で通るか否かは申し込んでみないと判断はできないですが、最大で240万円まで貸し付けることがあり得ます。 また緊急で困った人に10万円即日で融資する制度もありますが、ブラックOKというよりは火事で何もかも失って数日過ごす一時的なお金が欲しいとかいう人の為にあるようです。 自分がブラックで、どのような種類の助成が受けれるかは社会福祉協議会に行って相談してみると良いでしょう。

参考:応急小口福祉資金10万円の貸付条件 | 江東区社会福祉協議会

ブラックでも融資してくれる会社ある?

当然大手よりも金利は高くなります

ブラックOKを大々的に掲げている消費者金融でなら、融資を受ける事が可能な場合もあります。 しかし中には、ブラックOKを売りにしている悪徳な業者も存在しているという事を、絶対に忘れてはいけません。 一般的な銀行などの機関では、個人信用情報機関に登録になってしまうと次回には受けられない事が多いものです。 もちろん過去の金融事故の度合い・内容にもよりますが、自己破産の場合には絶対に無理だと思った方が良いでしょう。 しかし、そんな中でも「ブラックOK」や「即日で融資」「審査が甘い」などをうたい文句にしている機関が存在するのも事実です。 事実、こうした金融機関では、自己破産者でも全額を安全に回収できると判断されればお金を貸してくれます。 ですが、その融資には大きなリスクが永遠について回るという事も、まぎれもない嘘ではない事実なのです。

柔軟な対応をしてくれる所の融資は怪しい

手数料や金利をしっかり計算し確認する

他社での借り入れが何件あっても柔軟に対応します!という嘘の言葉で誘導する無茶苦茶な金融機関を見かけます。 もちろん、その広告にはブラックOKや即日で融資も書かれています。 こうした文言が書かれている金融機関は、国の金融庁から正式に許可を得てない個人の得体のしれない闇金である可能性が高いため、真偽の裏を取る注意が必要です。 実は金融機関には自主規制として、最大の上限は3件規制というものが結果的には信じ難いですが存在しています。 これは、他社での借入件数が3件以上あった場合、これは、どんなに高額な毎月の勤務先からの収入があったとしても絶対に申込を断るという秘匿な制度です。 このようなどこかで昔からある暗黙のルールが存在していながらも柔軟な対応をしますと言っている時点で悪徳なルール違反なのです。 それを踏まえると、まともな対応をしてくれるはずがない事は明らかで、しばらく時間の間隔を置いて冷静に落ち着いて考えれば簡単に答えはわかる事なのです。 しかしここで急な出費などでお金が必要な人にとっては、これは、ありがたい言葉にしか聞こえないのかもしれません。

借入状況が融資の審査で照会されている

返済の能力がなければ貸すことはない

金融機関で融資の申し込みを専用の窓口で行うと、個人信用情報機関への負債の照会がオンラインで当日に自動的に行われます。 これによって、どれだけ借入額があり、何件から借入をおこなっているかが手に取るようにわかってしまいます。 無事審査に通ればそれでも良いのですが、通らなかった場合は照会記録だけが何年も残ってしまう制度であり、他での申し込みを行う際に絶対的に不利になる事も出てきます。 独自の軽率な判断でブラックOKと書かれているからと安心して申し込みを行うと、遅延の事故を起こした事がある人だという事が結果として知れ渡るだけで終わってしまう可能性もないとは言えません。 また、結果的にはこのような崖っぷちの精神の状態の人は一度に何件もの同時申し込みを行う可能性も高い存在のためです。 このようにお金に困ってしまっている人をここでは対象としている悪徳業者からの電話の勧誘で狙われやすくなります。

銀行カードローンがブラックOKだったのがNHKで問題に

2017年3月に全国の銀行カードローンが年収の1/3以上借入している人でも貸付を行っているという問題が発覚しましNHKのクローズアップ現代で放映されました。 厳格で一番貸して貰えなさそうなところがブラックに融資していたことで、将来に空前絶後の自己破産急増が起きると経済界で警笛を鳴らしました。 現在でも金融庁や副総理の麻生大臣が銀行の総量規制が必要か否かで検討していますが、ブラックの人に一番優しいのは不思議ですが厳しそうな都市銀行ということになります。 社会問題となっている中で、現在は審査が厳しくなっているとも言われていますがどうなのでしょうか。 ドキュメンタリーのNHKのクローズアップ現代では、ブラックの融資については外部の会社に審査と責任を持たせて無理矢理合格を出す不正のようなことも告発として過去に放映されていました。 本当の銀行の基準が年収の1/2まで引き上げられていて、消費者金融では審査落ちした人も何故か借りれたようです。

日本政策金融公庫の制度融資ならブラックでもOK

個人事業主や経営者向けの案件が多いのが国が運営している日本政策金融公庫の融資になります。 事業発展や教育に力を入れるために国の予算として融資する枠が設けられています。 日本政策金融公庫では個人信用情報の確認がないので、ブラックでも全然問題ありません。 JICCやCICを参照しなく、審査基準は事業発展や教育訓練の条件に合致しているかどうかのお役所的な作業なので甘いとも考えられます。 個人事業主なら多数の項目がありますが、個人だと「資格取得の為の費用の助成金」くらいしかありません。

ブラックOK即日【申し込み】お金の融資


ブラックOK【携帯電話】契約できる会社 ブラックOK【携帯電話】契約できる会社

中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK 中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK

アマゾンカードは即日無審査? アマゾンカードは即日無審査?

ビジネスローン個人事業主 ビジネスローン個人事業主

銀行カードローンが即日融資を停止 銀行カードローンが即日融資を停止

消費者金融の出資法 消費者金融の出資法

このページの先頭へ