賃貸保証会社の保証料が高いから審査が甘い

クレジットカードの審査は年会費は無しが普通なので利用した人から利益を生むのが難しい仕組みになってます。 採算がとりにくいクレジットカードなのでブラックの人は融資だけでなく審査が通らないのですが、賃貸の保証会社は月額の50%を最初に貰えるのが大きな違いになります。 万が一契約者が滞納したとしても3か月分くらいなので、確率から言えば6人に1人以下の滞納率であれば保証会社は採算が合う計算になってしまいます。 賃貸の保証会社は一部の信販系と呼ばれるところ以外はCICの信用情報を閲覧する権限がないので、自社で独自の基準で審査しています。 下手をすると倒産することもあり実際に過去に何社かは経営破たんしています。 賃貸では審査が甘いのでブラックでも特殊な例外以外は部屋を借りることができることになります。

ブラックが賃貸審査通らない例外

1.過去7年以内に家賃保証で滞納をしたことがある
賃貸契約で家賃の滞納が3か月続くと普通では保証会社から補填のお金が支払われます。 更に3か月経過すると強制退去になり自分の部屋を急遽出ていかなくてはなりません。 融資がブラックでなくても、過去に保証会社から補填が出てしまうと全国保証業協会(LICC)という一般社団法人にデータが他所に渡ってしまいます。 全国保証業協会(LICC)に加入している会社ではその後審査をしても通らないことになるのが例外になります。

2.信販系の保証会社の物件
賃貸の物件はオーナーや管理会社の意向でそれぞれ保証会社は異なります。 信販系と呼ばれるところだとブラックでは過去5年以内にCICに異動履歴があると不動産屋の窓口で賃貸契約ができない結果になります。 基準はクレジットカードを新規に発行できるスペックであるかどうかなので、自然とブラックの状態では不可になります。

3.自己破産経験者
毎月有料で官報データの閲覧を利用することで過去に1度でも裁判所で自己破産をしたことがある人は名前と生年月日で判明してしまいます。 全部の保証会社が漢方を参照するわけではないですが、誰でも簡単に閲覧できるものなので利用してない可能性は低いです。 自己破産の場合は単なるブラックと違って一生履歴が残るので賃貸の審査に不利になることは間違いありません。

4.ブラック以外の部分で事前審査落ち
賃貸審査ではCICの信用情報を閲覧できないの分、現在の細かく他の即日融資のスペックを吟味します。 一番ウェイトが大きいのは定期的な世帯収入と物件の家賃の比率で25%以上だと数値的に厳しいとも言えます。 また、直近の給与明細の提出が必須になるのでブラックでなくても完全な無職の人は1円も借りることはできません。 年齢が60歳以上になると物件の大家さんが孤独死を理由に入居を敬遠することもあり保証会社だけでなく三親等以内の親族を保証人につけて欲しいと要求されることもあります。

賃貸の審査をスムーズに通す方法

一番スムーズにいくには不動産屋さんに正直に自分の現状の悪いスペックを伝えて数多くの物件にダメもとで申し込むことです。 不動産の営業担当も1件決まれば会社の利益になるのでブラックの人だろうと賃賃貸審査を通るように合法の範囲で努力をしてくれます。 外見の物件情報では素人ではどこの保証会社かも分からないし他所より甘いかどうかも不明です。 クレジットカードと違っても申込ブラックのように融資で複数回連続で行ってはいけないというルールもないので、物件を多数紹介してもらいましょう。

賃貸の保証人審査が甘い独立系について

賃貸の保証会社の中には、JICCやCICの個人信用情報を参照する権限がないところもあります。 ということは、ブラックでも過去に金融事故を起こしていても分からないということになります。 且つ、過去に別会社で賃貸の滞納があったり未払いがあって退去したりした情報も共有できてないのが独立系賃貸保証会社になります。 このような保証会社が審査する物件を不動産屋で専門家に探してもらうことで、ブラックでも賃貸契約ができる可能性が広がります。 下記が有名な審査が甘い賃貸の保証会社の一覧になります。

  • 新日本保証株式会社
  • 株式会社フォーシーズ
  • 株式会社オーロラ
  • アールエムトラスト(株)
  • (株)イントラスト

賃貸の保証人代行でブラックでも通す方法

保証人代行という審査もなく数万円のお金を払えば保証人になってくれるグレーなシステムがあります。 賃貸や就職やVISAなどで親しい付き合いがなく保証人に困っている方が利用するものです。 ブラックで賃貸を借りる際に金融事故は見られないことが多いですが、安定した収入がある保証人を付けてくれと言われるケースがあります。 その際に不動産会社には内緒ですが保証人代行を使ってまるで知人のように装い書類を提出することも最悪はできます。 法的に問題になった例はありませんが、出来れば使わない方がよいでしょう。

保証会社なし保証人不要の賃貸物件情報ならブラックでもOK

2019年現在では全国でも空き室率が高まっていて、保証会社も保証人も不要で賃貸契約できる新規の物件が多くなってきて、検索して見れるようになってきてます。 上記のものは「いい部屋ネット」ですが2700件もあり、東京都内だけでも100件あります。 ブラックでもOKな保証人も保証会社の審査も不要の賃貸はそれだけ借り手が少なく空き室にしているくらいなら、万が一滞納されるよりは少しでも利益が出るという考えなのでしょう。 その代わり敷金や礼金が合わせて相場で2か月分入居時に払う仕組みなので、1ヵ月滞納したら即退去をお願いする形なのかもしれません。 いずれにしても、ブラックでも賃貸を探すなら保証会社も保証人も不要のキーワードで見つけることが可能です。

ブラックOK即日【申し込み】お金の融資


ブラックOK【携帯電話】契約できる会社 ブラックOK【携帯電話】契約できる会社

中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK 中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK
アマゾンカードは即日無審査? アマゾンカードは即日無審査?

銀行カードローンが即日融資を停止 銀行カードローンが即日融資を停止

このページの先頭へ