ブラックOKという消費者金融の過剰な広告

騙されても誰も助けてはくれません

ブラックOKとしている消費者金融は、近年特に目立ちます。 世の中が不景気のあおりを受けているため、稼ぎ時だとばかりに多数の広告をあちこちに掲載しているのです。 そして、その即日融資の内容が「ブラックOK」のように資金繰りに困っている人の期待感をあおるものとなっているため、大きな社会的な問題も発生しています。

悪徳業者が主なブラックOKの消費者金融

安全性と金利の面で不安がある

ブラックOKという、お金に困っている人には大変ありがたい文言には、実は色々な問題点が隠されています。 実は、世の中に氾濫しているブラックOKとしている消費者金融の多くが、法を守らずに拝金主義で営業を続けている悪徳業者なのです。 こうした消費者金融に関わり最も多く報告されている直接の相談が、「高金利」です。 週刊誌などの国内メディアでも大きな問題として取り上げられた事もあるため、多くの人が新聞やニュースで頻繁に耳にした事のある「グレーゾーン金利」が適用され、法外な金額が一括で請求されているようです。 本来、お金を融資する専門機関は利息制限法を順守し、これは当たり前のことです。 しかし万人に理解を得るためにクリーンな営業して行かなくてはなりません。 同じような効力を持つ出資法の存在を利用し、消費者金融の利息制限法と出資法との中間部分に当たる利息を適用し、高金利を設定しているというものです。

利息制限法による消費者金融の金利と出資法

グレーゾーンは未だに存在する?

本来、利息制限法による金利が適用されていれば、10万円未満の貸付に対しては最高で年20%まで、10万円以上100万円未満の貸付に対しては年18%まで、100万円以上の貸付に対しては年15%までしか利息を設定する事は消費者金融できません。 これに対し、出資法による金利は個人間によるものなら年109.5%まで、貸金業者であれば年29.2%までが過去は認められていました。 悪徳な消費者金融はここに目をつけ、「これは貸金業者による出資である」として年29.2%もの融資の金利をブラックOKとして正当化してきました。 しかし現在は、こうした問題が週刊誌の無責任な持てはやされたゴシップで大きく取り上げられたためです。 ここで出資法がニーズに合わせて衆議院により国会で改正され、利息制限法を大きく上回る余分な金利を設定した貸付を厳しく罰しており、グレーゾーン問題は自然と解消していると言われています。 ただ、実際は闇に隠れて法外な金利を継続して要求する悪質な業者も横行しているのが残念ですが2019年の現状です。 結論としてブラックOKを大っぴらにうたい文句にしている消費者金融、書類審査が甘いを世間へのアピールポイントにしている悪徳詐欺な企業の多くが、こうした違法な闇金と呼ばれる業者である可能性が非常に高いため、利用には十分な注意と冷静な判断力が必要となります。 法的には、年利20%以上の法外な高い金利を不当に要求されても最初に借りた元金さえも支払う必要はありません。 こうした将来を見ても結果的にそうする事で執拗に嫌がらせを受けたり身の危険にさらされる事も考えられるためです。 もし可能であるならばここには一切関わらないのが最善策です。

出資法を超えなければ刑事罰にはならない

2010年に新たに設定された内容で、出資法の年利20%を超えると個人であろうと消費者金融であろうと誰でも刑事罰として逮捕されるようになってます。 貸付金額が100万円以上の場合は、利息制限法では15%が最大の上限になっていて出資法との間にグレーンゾーンの狭間があります。 100万円を利息18%で消費者金融が貸したとすると、出資法違反ではないので刑事罰は受けませんが、厳しい行政処分を受けて営業停止若しくは事業の廃業になります。 クレジットカード現金化の業者で出資法違反の容疑で警察に逮捕されたところの主な特徴は、会社として正式に金融庁に貸金業登録をしていたところばかりです。 貸金業でなければ、出資法違反として立件しにくいのかもしれません。

クレジットカード現金化も出資法違反になります

ブラックOKなクレジットカード現金化ですが、毎年警察に出資法違反の容疑で逮捕されているのが実情です。 それでも存続している巧みなショップとそうでないところがあるのは、貸金業登録を金融庁にしている会社は違法行為として取締を受けているようです。 現金化の場合は法定の出資法の10倍くらいの計算になるのでアウトと言われればそれまでですが、貸金業ではないと強く言い張ることで逮捕を逃れているようです。 出資法違反としては、個人の金貸しをネットの無料掲示板でして手数料として元金以上を貰うのもアウトになります。 ブラックOKの融資で有名な掲示板ですが、利息を取っていたら貸金業登録をしてないのでアウトになります。

ブラックOKな消費者金融は違法か紹介屋

消費者金融というのは無担保でお金を貸すことで許可制の資格として金融庁に登録する義務があります。 貸金業法を順守して営業をしなくてはいけなく、決められたルールを無視すると登録抹消になります。 ブラックOKな消費者金融の一例としてはエイワと呼ばれるところでは、総量規制以上の金額の貸付もリスクを取ってするような噂もあります。 金利は法律内ですがブラックの属性に即日融資してはいけないのに顧客にしてしまうところが法を無視しています。 2つめのパターンとしては紹介屋といって、お金は新規に貸してくれません。 個人情報を取得して転売するのが目的だったり、ブラックの属性の人を弁護士などに紹介するインチキです。 莫大な金利で貸すと警察にばれるて逮捕されるので、利息が高いブラックOKは消費者金融ではなく闇金です。

ブラックOK即日【申し込み】お金の融資


ブラックOK【携帯電話】契約できる会社 ブラックOK【携帯電話】契約できる会社

中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK 中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK

アマゾンカードは即日無審査? アマゾンカードは即日無審査?

ビジネスローン個人事業主 ビジネスローン個人事業主

銀行カードローンが即日融資を停止 銀行カードローンが即日融資を停止

融資可能な機関 融資可能な機関

このページの先頭へ