ブラックOKでも購入可能な携帯電話の会社が存在する?

このジャンルにも個人信用情報がある

ブラックOKな携帯電話の会社は、存在しないと考えた方が賢明です。 大手であるドコモ、au、ソフトバンクは当然そうなります。 ここで言うブラックOKは携帯電話に関してであり、融資による金融期間での事故が含まれるわけではありません。 金融機関にある個人信用情報機関と同様の与信センターが、電話会社にも存在しています。

参考:携帯電話の機種変更を分割払いで申し込んだところ、ショップの人から「CICがダメ」ということで分割では購入できなかった | CICのQ&A

定期的に各電話会社から事故情報などが登録されて来ており、新規契約などの際に照会する事となっています。 しかし、金融機関で事故を起こしてしまった人でも、直近で料金の未払いなどがなければ新規契約の方法は可能となるためです。 これがある意味ブラックOKの融資と言う事ができるようです。 また、世間では「消費者金融の事故情報は5年で全部消える」などと根拠もなく無責任にも言われているようです。 実際には半永久的に事故情報は残っている、削除され白紙になるという事はないと考えられます。 と言うのは、未払いを起こす事によって会社から強制解約の措置が取られ、この「強制解約」という措置が与信センターの記録として残り続けて行くためなのです。 このようにプロバイダー社内で半永久的に事故のブラックの情報が半永久に残るのは当然です。 しかし携帯電話の会社関連の個人信用情報機関においても、これは実際には「強制解約」というような種類の情報が消えずに残っているというのですから、そのままで新規契約となると、高確率で断られると言えます。

最新のブラックOKの携帯電話の入手法

有料レンタルと名義貸しというやり方

国内用レンタルスマートフォンの料金 | ソフトバンク

融資でブラックOKの携帯電話の入手法の一つに、知名度が低い一時的なレンタル商品があります。 金融のブラックOKのため、世間一般では需要が高くなっています。 期限付きのレンタルなら、使用料金に上限が設定されるため、使いすぎを防いだり、支払いが困難になる事もほとんどありません。 最近のiPhoneやスマートフォンにしてもガラケー所謂フューチャーフォンやタブレットにしても値段が高く電話は、分割購入となる事がほとんどのため、金融での場合、契約する事自体が困難になっています。 また、お客様がこのような状態の場合にはソフトバンクやドコモとキャリア会社を変えたとしても与信センターの内部情報によって、新規契約が困難となっています。 こうした人のためにシステムとしてあるのが、過去の事故者の一時的なレンタル扱いと言えます。 ブラックOKな携帯電話を入手する方法には、他にも違法ですが有料の知人からの一時的な名義借りがあります。 つまり、家族でもない他人の名義で勝手になりすまして新規に契約する事です。 ポイントとして親切にも名義を貸してくれる親族や古い友人が金融および電話会社で一度も事故を起こしていなければ、案外すんなりと最新型のスマホでも契約する事が可能になります。 よく理由もなく、住所を頻繁に何度も変更したり電話会社から違法な督促も来なくなったからもう安心、心配はなく大丈夫だと思っている楽観的な人がいるようですが、氏名や生年月日、自動車の免許証番号などから、あっさりと筒抜けでバレてしまいます。 このように上記が重要ですから、ポイントを抑えると未払い・強制解約が一度でもあると、どうしてもこれは自分名義での携帯電話の新規契約は基本的には不可能なのです。

携帯のブラックOKか否かは判断はCICの情報を見られる

スマホや携帯の契約で多重債務になっていて無事に審査が通るかどうか心配という質問を多く聞きます。 前提条件として、本体の機種代金が分割でなく一括現金払いなら間違いなくブラックでもOKになります。 最新のiPhoneとか現在では本体で10万円を超えるのでキャッシュ一括で一気に支払える人は少なく、2年分割の審査に合格したいけど大丈夫かどうかの判断基準はCICの履歴です。 キャリア会社はお客様のCIC情報を見ることで、過去5年に分割した機種代金の未払いやクレジットカードでの買い物(リボor分割)で3ヶ月以上の支払いの遅延があるかどうかが判断の分かれ目になります。 何も無ければCICには綺麗な真っ白な状態なので自分ではブラックと思ってもOKになります。 つまり多重債務でアコムやプロミスで即日融資に対する返済が数日遅れていても携帯本体の購入の契約の審査状況には影響しないはずなのです。 しかし、クレジットカードでショッピングもキャッシングも同時に利用していると返済は合算なので遅れると携帯の契約の審査にも悪影響になります。 また逆に、スマホの機種代金の毎月の支払いが遅延すると新規でクレジットカードを自分で作成するときに引っ掛かる恐れはあります。

Ymobileの格安スマホは口座振替の支払いが可能

最近流行の格安スマホは基本的にはどこもクレジットカードでの支払いになります。 携帯ブラックの方は自動的にクレジットカードでもCIC情報に異動情報がある可能性があるので、格安スマホ申込時に審査で却下されることになります。 しかし、Ymobileのように中には口座振替や残高連動のデビットカードでも支払える会社も新しくでてきました。 携帯の支払いでブラックになって悩んでいる方は、Ymobileや楽天モバイルという新規のところを狙ってみると契約できるはずです。 JCOMでも可能なようですが、予めケーブルや固定電話の契約をしてないと駄目なようです。

デビットカードでもブラックOKな楽天モバイル

デビットカードでも契約可能な格安スマホが楽天モバイルになります。 ブラックOKで楽天銀行に残高があれば大丈夫なのでクレジットカードを発行できない人でもデビットなら審査不要なの通ります。 UQモバイルも以前はブラックOKだったようですが、現在はデビットカードは対応してませんと明記してます。 楽天は、銀行口座、デビットカード、モバイルの3契約を同時にして貰えるならブラック属性でもOKと考えているのでしょう。

プリペイド携帯ならブラックでもOK

先払い方式のプリペイド携帯ならクレジットカードやキャッシングでブラックでも契約することが可能です。 ソフトバンクでは、シンプルスタイルというプリペイド携帯のプランがあります。 スマホの本体は自分で購入しないとならないのですが、SIMフリーのiphone5なら中古でも2万円で手に入ります。 SIMフリーが条件のプランになりますのでご注意ください。

ブラックでもOKなソフトバンクのプリペイド携帯の月額の料金表です。 30日で3Gバイトのパケット量で4980円になります。 料金の支払い方法は前払い式で、ソフトバンクのプリペイドカードを購入して、スクラッチ部分を削って「1400」で通話してガイドに従って追加登録します。 パケット量や翌月になったら新たに再度購入すればよいのでブラックの方でも契約することが可能です。

誰でも持てて2年縛りがないとの宣伝文句ですが、シンプルスタイルというソフトバンクのプリペイド携帯は1年未満の解約に限り、違約金が2万円弱掛かります。 購入する前に1年以上は使う覚悟と損得を考えた方が良いです。 ブラックでも契約して持てるプリペイド携帯はソフトバンク以外でもあるので比較してみましょう。

ブラックOK即日【申し込み】お金の融資


中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK 中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK

ブラックOK賃貸契約の家賃保証会社の審査 ブラックOK賃貸契約の家賃保証会社の審査

アマゾンカードは即日無審査? アマゾンカードは即日無審査?

ビジネスローン個人事業主 ビジネスローン個人事業主

消費者金融の出資法 消費者金融の出資法

このページの先頭へ