2016年現在でブラック融資が可能な一覧を探しました




大きい画像で見る


上記の表は金融庁で「違法な金融庁の情報」という公開ページにある会社の中で個人向けのブラックに融資をしてくれそうな電話番号が存在しそうな一覧です。 金融庁が警告しているところは中小企業向けの詐欺が多く、個人向けまでは手が広がってない感じでした。

また、個人向けの明らかなブラック融資で闇金のホームページは「エンゼルリース」「クレア株式会社」「ORCサポート」などの名前だけ変えて同一テンプレのホームページで短期で集客しているようです。 長期間営業すると捕まるので電話番号もなくwebからの申し込み後に携帯でコンタクトするようです。 「ソフト闇金」「個人融資」というキーワードを検索してもらっても、ブラックOK融資の違法サイトは探せますが法を順守してないので利息が膨大になります。


ブラック融資ができる携帯番号21件


上記の電話番号は、携帯闇金とか090金融と呼ばれている無登録の違法の業者になります。 これらも金融庁で警告が出ているブラックOK融資を目的にしているところです。

ブラックOKという言葉の意味は個人信用情報

金融でいうブラックという状態は明確な基準があり、CICかJICCの個人信用情報に「異動」と書かれているかいないかです。 もし異動の文字がなければ、ブラックではないので普通の融資なら消費者金融なりから利用できる状態にあります。 この個人信用情報は誰でも自分のものは見ることができますので、気になる方は開示してみてください。


CIC インターネット開示
(主にクレジットカードの信用情報)

時間:約15分
料金:1,000円
必要なもの:発行済のクレジットカードで登録した電話番号


JICC インターネット開示
(主に消費者金融の信用情報)

時間:約15分
料金:1,000円
必要なもの:身分証明書


融資をする側にもリスクがあります。 ブラックOKとは、金融事故を起こしてしまい、一般的な金融機関でお金を借りる事が出来ない人やローンを組む事が出来ない人にもお金を貸してくれる、またはローンを組む事ができるという意味を持つ言葉です。

金融事故者になると、銀行から融資を断られたり、クレジット会社などにクレジット契約を断られたりします。 これは、約束通りに返済が行われなかった事や自己破産などによって返済を免れた事実を金融機関どうして情報共有しているためで、貸し倒れを未然に防ぐと言う意味では当然の措置と言えます。 しかし、こうした「どこからもお金を貸してもらえない人・クレジット利用ができない人」を、掲示板でキャッシングでブラックOKのような期待感あふれる言葉で誘いだし、法外な高金利で即日にお金を貸すという業者が水面下で暗躍しています。

つまり、ブラックOKは困っている、焦って的確な判断ができなくなっている人を救済しようという内容のものではなく、慌てて冷静さを失っている人の弱みに付け込み、違法な高金利で貸付を行い、私腹を肥やそうという悪質な手段と言えるのです。 ですから実際に融資をしてくれる額は5万円以下、多くても10万円以上は貸してくれることは残念ですがほぼありません。 なぜならそれだけでも一週間後には消費者金融の金利で脹れがっているからそれでOKなのです。

また完済をしようとしても申し込みを取り合ってくれない残念なパターンも過去にはあります。 そうすることによって金利分が全額回収できるからです。 大手がブラックに率先して融資をしないのは自己破産や債務整理で悪い言い方をすれば所謂、「すぐに飛んでしまう」可能性が少なからずあるだけでなく実際そうなる割合が高いからです。 返済する能力が低い、無いと判断されている、遡って過去の金融事故もしくは現在の延滞などが理由で信用がないという事なのです。

金融庁に違法と断定されている会社ならブラックOK

お金を貸して毎月の利息で儲けるには金融庁の貸金業の許可が必要で法律に遵守した営業をしなければなりません。 守らなければならない内容として「ブラックに融資で貸さない」というのがあるので、実刑を伴う法律を無視している会社が狙い目です。

ブラックOKで中小の消費者金融キャッシングを即日で探すことを勧める人も多いですが、そのような企業も金融庁の監督下で遵守している可能性が高く借入できないことが多いです。 初めから脱法で営業しているところは、怖いイメージがあり詐欺なのではと思ってしまいますが、無許可でブラックOKで貸す立場としてお客を騙しようがないです。 恐らく法外な利息、多重債務者に貸す、無許可が法に触れる内容でそれ以外はwin-winの状態なのではないでしょうか。

違法な業者を探し方としては、金融庁の「悪質な金融業者一覧」に膨大な数がヒットしますので自己責任で選びましょう。 電話番号は金融庁ではアクセスしないように伏字になっているので、登録番号でネット検索するとでてきます。ブラックOKというよりも個人の闇金に近いものもあるので注意してください。

申し込みブラックOKとはどのような状態を指すのか

お金に切羽詰っていると判断される
金融機関に融資の申し込みを行うと、個人信用情報機関にその情報も記録されます。 A社で申し込みを行い断られたからすぐにB社で、そこもダメだったからすぐにブラックOKなC社と立て続けに行うと、短期間に何社にも融資の申し込みを行ったと言うキャッシングの事実が記録される事になります。 実は、金融機関では、融資やクレジット契約の申し込みがあった際、借入の状況だけでなく全てのの状況も確認しており、短期間に立て続けに何社にも連続して行っている人に対しては、許可OKを出さない事がほとんどなのです。

つまり、何度も行うだけで「お金に困っている危険人物である」という判断が一方的に下され融資を完璧に断られる、いわゆる「申し込みブラック」という良くないシチュエーションの状況に陥るのです。 しかしこの過多という状況を逆手にとって、「どんなに高金利を提示しても、これだけ困っている人なら借りるはず」と法外な高金利で貸付を行う強気の業者が多いのも事実です。

即日で申し込みブラックOKなどと解りやすい表現でうたっているのです。 この特徴はほとんどの場合すぐにわかります。 欠かさずに随時チェックしなくてはいけないのは大手の消費者金融は新規のお客様に対しては比較的条件は緩くてもです。 既に他社からの借入がある場合の審査は厳しく特にそれが過去に金融の事故を起こしている方の場合はほぼ不可能に近い状態であるといっていいでしょう。

債務整理に誘導する悪徳なブラックOK融資の会社

中小消費者金融と呼ばれる無名に近い会社では、顧客に真面目にお金を貸すよりも弁護士に債務整理の案件として紹介した方が儲かるということで法律事務所を斡旋することもあるらしいです。 ブラック融資で来た人に露骨に言うと非弁行為で違法になるので、遠回しに住所と内容を告げて相談に行くように促すようです。 弁護士の方も紹介されるのは違法なのですが、稼げない弁護士も多く背に腹は変えれない心境なのでしょう。 2ch掲示板で何社かがそのような行為をしているとの噂でブラックOKと謳っていて融資をしないで、自己破産に導く悪徳商法だと叩かれています。 実際問題としてもブラックOKなところは少なく怪しいとか騙されるとか、法律を遵守しないで無茶を仕掛けてくることもあるので被害に遭遇しないように注意しましょう。

ブラックOKはお金の融資だけじゃない

基本的には違法性が高く危険です

ブラックOKで借りるのを都合よくうたっているのは、何もキャッシングのお金の融資だけではありません。 例えば中古車を購入したい場合や携帯電話を購入したい場合など、ローンやクレジット契約が必要な場面には高確率で登場します。 しかし、どの場合にも言える事ですが、世間的には即日のブラックOKという言葉は、とても親切なように見える反面、とても高い金利を要求されたり納得のできない保証金などを要求されるなど、さらに余分な出費に悩まされる結果を招いているというのが事実なのです。

ブラックOKに契約をしてしまう前にもう一度確認をしましょう

本当に利用する必要はありますか?

近年はインターネット掲示板でのお金の借り入れなども簡単になり良くも悪くもクリック一つで希望額のお金の融資を数分で消費者金融から受けることができます。 店舗に入店する必要も、人と会って話すこともなく誰にも見られずに知られずに利用する事も簡単に可能になりました。 その分、36回の月賦のローンを組んだりブラックOKなところから即日でお金を借りることに対して恐怖心の抵抗がなくなってしまったり、キャッシングに何か負い目を感じるという気持ちが薄れてしまいます。

また金利は低いという印象がテレビのニュースや雑誌などのメディアのコマーシャルによっていつのまにか植えつけられてしまっている状態になっています。 特にすでに何らかの理由で過去に金融事故を起こしてしまっている方は現状をもう一度見つめ直さなくてはいけません。 焦っている状態でお金を借りてしまうことや申し込みをして契約をしてしまう事は結果的にはマイナスしかありません。

自分一人で判断せずに家族や信頼できる友人などに今の自分の状況を腹を割って話して冷静になってみましょう。 最初は小さな額でも一度でもブラックOKという煽り文句で集客をしているような違法業者と売買契約をしてしまうと、すぐに破格な違法金利で返せない額まで膨れ上がってしまうのです。 急いでいても慎重になりすぎて損をすることはありません。

少しでも素振りが怪しいと感じたら直ちに融資を中止するようにしましょう。 最近ではメールアドレスや電話番号を登録しただけでも、様々な同業者に流れてしまいます。 さらに、ここでそれだけを目的としているパターンもあります。

情報が見つかりにくいブラックOKに関する情報

違法であるため検索してもすぐには情報は出てこない

インターネットで大手掲示板やSNSでブラックOKという実態ある金融の業者をすぐに借りるのにヒットさせることは容易ではありません。 考えられる一番の理由としてはやはり融資が違法であるため目立った広告は売っていないという事なのではないでしょうか。

あまり派手にやってしまうと全国区のニュースに特集されたり警察や消費者庁などにすぐに被害者から連絡や通報があり営業ができなくなりますので必然的に活動の場所はアンダーグラウンドになります。 また足が付かないように店舗や特定の場所や電話番号などを用意していないこともあります。 集客方法は繁華街の電信柱や公衆電話だけでなくブラックOKの場合は直接電話やメールでコンタクトを即日に取ってきます。

恐らくブラックOKのキャッシング業者は顧客名簿を持っていてそれも裏社会で売り買いされています。 流出元ははっきりとはわかりませんが、確実に借金を抱えて融資に困っている人の情報は簡単に漏洩しているという事です。

出会い系サイトやパチンコや競馬などの情報提供サイトなどに登録すると名簿が販売されるという説もあります。 しかし、当然のことながらやはり有力なのは消費者金融から回収業者に回されたお客様のデータが流れていると見るのが有力です。 こうしたニュースや新聞には取り上げられませんが基本的にはどこか一か所でも登録すれば半永久的に変更するまで水面下で使用されるでしょう。

金融事故を起こさないために

基本的には融資を受けたりローンを組むということに対しての考えを改める必要があります。 ブラックOKの会社で安全性の高い所は存在する可能性は非常に低いのです。

ブラックOKという名目で即日でお金を貸してくれる金融は違法金利である場合がほとんどです。 契約してしまえば現在よりも確実に返済しなくてはならないトータルの額は増加してしまいますので注意しましょう。

インターネットだけでなくダイレクトメールでもブラックOKというトピックはなぜかお金に困っているあなたの所に飛び込んできます。 騙されない業者を探すのではなく、基本的には全てと契約をしない事が一番の対策になります。


ビジネスローン【ブラックOK】個人事業主への貸付

ブラックOK賃貸契約の家賃保証会社の審査


ブラックOKをお探しの方への各ジャンルにおいての最新情報

消費者金融

ブラックOKの消費者金融を即日に探す

消費者金融での審査に金融事故が原因で落ちてしまう方でも借りることができる会社は?

消費者金融【ブラックOK】出資法以上の金利に問題


融資

厳正なる融資の審査にパスするためには?

ブラックOKの金融の業者から借入をする事の危険性とキャッシングのリスクについて。

融資が可能な機関【存在します】ブラックOK


中古車

中古車をローンで購入する事は可能か

中古車を購入する際のブラックOKの自社ローンの金利や危険性を考える。

中古車を購入【自社ローンで保障】ブラックOK


携帯

最新のIphoneやAndroidスマホ携帯の購入

最新のスマートフォンやタブレット携帯の値段は高く割賦契約での購入がほとんどです。

ブラックOK【携帯電話】契約できる会社